同じ馬鹿ならやらないか

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[父系図]ボワルセル系(ヒンドスタン系)

2013.06.20 (Thu)
[親]セントサイモン 1881年 
 ┃ ※直系種牡馬滅亡 
 ┃[セントサイモン直系
 ┃
[×]チョーサー 1900年 
 ┃
[×]プリンスチメイ 1915年 
 ┃
[×]ヴァトゥ 1926年 
 ┃
[子]ボワルセル 1935年 
 ┃
 ┣[×]テヘラン 1941年 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[×]タルヤー 1949年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┗[×]タリヤートス 1957年 
 ┃ ┃   ┃
 ┃ ┃   ┗[日]ホマレマツ 1968年 
 ┃ ┃
 ┃ ┗[×]テイルオブトゥーシティーズ 1951年 
 ┃   ┃
 ┃   ┗[米]クーガー 1966年(~84年末) 
 ┃     ┃
 ┃     ┣[米]エンジェルアイランド 1976年 
 ┃     ┃
 ┃     ┗[米]ガドデルソル 1979年(86年のみ) 
 ┃
 ┣[×]ミゴリ 1944年 
 ┃ ┃
 ┃ ┗[×]ギャラントマン 1954年 
 ┃   ┃
 ┃   ┣[×]ギャラントロメオ 1961年 
 ┃   ┃ ┃
 ┃   ┃ ┣[米]マイジュリエット 1972年 
 ┃   ┃ ┃
 ┃   ┃ ┗[米]エロキューショニスト 1973年(~84年末) 
 ┃   ┃   ┃
 ┃   ┃   ┗[米]デーモンズビゴーン 1984年(乗馬) 
 ┃   ┃
 ┃   ┣[×]ナリースマン 1968年 
 ┃   ┃ ┃
 ┃   ┃ ┗[米]ナリーズリズム 1975年 
 ┃   ┃
 ┃   ┣[日]ウエスタンウインド 1974年(~91年) 
 ┃   ┃ ┃
 ┃   ┃ ┗[日]シンウインド 1984年 
 ┃   ┃
 ┃   ┣[米]ケネロット 1974年 
 ┃   ┃
 ┃   ┗[日]ペキンリュウエン 1977年(85~94年末) 
 ┃     ┃
 ┃     ┗[日]マキバスナイパー 1995年(乗馬) 
 ┃
 ┣[子]ヒンドスタン 1946年 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[日]シンザン 1961年(~84年末) 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]タツミノザン 1967年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]シンブリージ 1969年  
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]ハシコトブキ 1974年(~92年末) 
 ┃ ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┃ ┗[日]イブキカネール 1982年(乗馬) 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]テンスパーク 1975年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]カツトップガール 1976年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]ミナガワマンナ 1978年(SP種牡馬) 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]シンシラオキ 1978年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┗[日]ミホシンザン 1982年(88~98年末) 
 ┃ ┃   ┃
 ┃ ┃   ┗[日]マイシンザン 1990年(乗馬) 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[日]ダイコーター 1962年(~85年末) 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]ブゼンダイオー 1974年(~91年末) 
 ┃ ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┃ ┗[日]コスモドリーム 1985年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]サクラスイセイ 1976年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]クニノキヨコ 1977年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]ニシノライデン 1981年(88~97年末) 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]アイアンシーロ 1982年(乗馬) 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┗[日]プレジデントシチー 1983年(乗馬) 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[日]リュウファーロス 1963年(~86年末) 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]アンドレアモン 1979年(87~96年末) 
 ┃ ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┃ ┗[日]ローリエアンドレ 1989年(乗馬) 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┗[日]ラケットボール 1985年(乗馬) 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[×]エリモカップ 1968年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┗[日]トウフクテッセン 1975年 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[×]ヒデチカラ 1968年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┗[日]サークルカマダ 1976年 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[日]ハクホオショウ 1969年(SP種牡馬) 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┗[日]グラサード 1977年 
 ┃ ┃
 ┃ ┗[日]クインズベイ 1969年 
 ┃
 ┗[×]ヒカルメイジ 1954年 
   ┃
   ┗[日]トーヨーエリザベス 1970年 


史実産駒がいない種牡馬は成績次第で乗馬になります。 
(逆を言えば、史実産駒がいる場合は介入しないかぎり確実に種牡馬入りします。)
誕生年後の()内は、2013Verでの繁殖期間(現役引退の翌年から)の目安です。

[×]は派生を分かりやすくするために記載しています。
外国馬の日本名は、基本的にはウイポ内での読み方が基準です。

金→親系統 銀→子系統 銅→主要種牡馬 桃→牝馬産駒

記載ミスや、記載漏れなどございましたら、
お手数ですがコメントなどでご報告いただけると助かります。

2013/7/03 更新
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。