同じ馬鹿ならやらないか

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービーゲート31s~44s(ディープ鯖)

2014.02.18 (Tue)
41s目にしてやっとこさ日本ダービー馬(仮)になれそうな馬が来ました。

その名も カ ツ オ ト コ ン ブ ! ! !
※父馬がダシ(出汁)冠名の馬だったのでこう名付けてみましたw

ネタに思えるこの馬名ですが、よーく見つめてみてください。

カツ「オトコ」ンブ

そう! 牡馬の頂点に立つべき宿命を背負っているのです(後付けサクサク)


善戦できたらいいな程度(調子98%)で出した京都新聞杯
皐月賞馬相手にHペースにも関わらず逃げ切り勝ちを収めてワクワクドッカーン!

夏ごろまでにOPの一つでも勝って海外遠征いけたらいいな程度の期待感が
もうこれは日本ダービー馬ですわwまで手のひらクルクルー
(と思いつつも、当初は英ダービーに空き巣する予定でしたw)

でも、いつ出すの?今でしょ!ってことで決断しました。


第41s日本ダービー出走です!

ディープ鯖41s日本ダービー 

実況「カツオトコンブ一味たりませんでした。ミツボシレシピに完敗!」

和食だけに「わぁー、ショック」ってか!


いやーしかし、久々にレースを観戦して胸ドキで楽しめましたね。
こんな気分を味わったのはアマノムラクモ号で米三冠に挑んだ時以来でしょうか。

マンネリぎみになりがちな競馬ゲームですが、この気持ちを忘れずにプレイしたいものです。


カツオトコンブ号はこの後、菊花賞有馬記念(他海外G1、6勝)を制してくれました。
バカバカファーム生産による個人所有で初の国内王道G1レース制覇です。

44s末には待望のJBCスプリントを制覇し、国内、地方のダートG1完全制覇!


これでダート路線はお腹いっぱいということで、
国内クラシックや古馬王道レースを勝てるような馬を生産することを次の目標とします。

そのためには質の良い肌馬を揃えることが必須なので、しばらくは充電期間になりそう。


前回の目標だった種牡馬ゲレゲレによるリーディングサイアー受賞は達成できました。
追記にて、その繁栄をまとめてみましたのでよかったらご覧くださいです~。


種牡馬
ゲレゲレとは

現役時代にダイオライト記念名古屋GPを3連覇するなどの名空き巣馬でした。
賞金不足から頑なにドバイWCへの挑戦を拒み続けたことを関係者は悔いていますw

種牡馬としては初年度産駒からG1馬を出すという当たりっぷり。
なお、初年度に関しては自牧場ではいっさい種付けをしなかった模様。

しかし、翌年度からは配合評価良コメ連発で手のひらを返すこと返すこと。

そんな期待を背負って生まれたのが2年目産駒の
アオイイナズマ号でした。

父ゆずりの先行力を活かして、ダートの短距離マイル路線で大活躍。
同年産の
ブルートゥース号と共に33sの国内リーディングサイアー受賞に貢献しました。


翌34sは国内リーディング3位と後退するも、米国リーディングサイアーを見事に受賞。

11月1週のBCデーまで米リーディングは一進一退の攻防でしたが、
やはりこの馬がきめました、アオイイナズマ号のBCダートマイル制覇で米1位が確定的に。
米国G1を4勝(2着3回、3着1回)した新星
ゲレゲレイザー号が大活躍したのもでかかった。

海外重賞1勝ながら総賞金7億も稼いだブルートゥース号は本sかぎりで引退へ。
BCターフで2着して米リーディングをさりげなくアシストした名シルバーコレクターでした。


日、米とくれば、次は地方だ!ということで
35sは2位にダブルスコアをつけての地方リーディングサイアーの受賞となりました。
この年の米リーディングサイアーは所有種牡馬のスナフキン号と嬉しいサプライズw

36sは惜しくも2位となり、アオイイナズマ号とゲレゲレイザー号の引退sを栄冠で飾れず。


稼ぎ頭が引退してしまったのでしばらくはリーディング争いは無理かなと思いきや
翌37sは何故か圧倒的な差で2度めとなる国内リーディングサイアー受賞。

ゲレゲレ産駒が国内OP無双をしていたのは確かだけど、実感が沸かないsでした。
他馬主さんの元でデビューするも放出されてしまった
スマートソング号の恩返しに全俺が涙。
天皇賞秋では差のない2着と、ゲレゲレ産による国内芝G1制覇の偉業にあと一歩まで迫る。

何故か1位だったsとは、つまりは条件戦で稼いだ産駒が多かったという感じかもですね。


その後は国内リーディングサイアー受賞は叶わず、2度あることはサンドピアリスならず。
(39、43sは2位と惜しかったんですが、ゲレゲレ産の所有馬数が少なくてあと一つ後押しできず)

しかしながら、最後の自己所有大物牡馬
イテツクハドウ号の活躍により、
地方の40、41、43sのリーディングサイアーに輝いて種牡馬として有終の美を飾れました。
加国際Sも制し、芝でもG1制覇を成し遂げて名実ともにゲレゲレ産駒No1の馬です。

45sから種牡馬としてデビューすることになりますが、この馬で後継を繋げれれば言うことなし。


最後にゲレゲレのサイアーライン表(45s5月時点)をまとめて終わりです。
全産駒による重賞制覇数は、G1、34勝 G2、24勝 G3、31勝(やるだん調べ)


03s産 レロレロ 66戦9勝[9-4-7-46] 4億6985万 
 ┃ 主な勝鞍 京王杯スプリングC
 ┃
17s産 ゲレゲレ 81戦33勝[33-17-8-23] 11億5430万 
 ┃ 主な勝鞍 ハリウッドGCH(2連覇) かしわ記念
 ┃      ダイオライト記念(3連覇) 名古屋GP(3連覇) (他重賞 6勝)
 ┃
 ┣━ 26s産 パーセント 27戦9勝[9-6-4-8] 3億2155万 
 ┃  ┃  主な勝鞍 フォアゴーS SフォスターH 根岸S (他重賞 1勝)
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 34s産 [地]パステンネン(牝馬) 71戦9勝[9-7-5-50] 7356万 地方重賞 6勝
 ┃
 ┣━ 27s産 アオイイナズマ 95戦35勝[35-12-9-39] 16億1370万 
 ┃  ┃  主な勝鞍 JCダート かしわ記念(2連覇) フェブラリーS (他G1 4勝)
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 38s産 ベルクート 40戦5勝[5-12-6-17] 2億2755万 
 ┃
 ┣━ 27s産 ブルートゥース 74戦15勝[15-20-10-29] 7億0524万 
 ┃  ┃  主な勝鞍 ディキシーS
 ┃  ┃
 ┃  ┣━ 37s産 カムカム(牝馬) 71戦17勝[17-14-12-28] 3億4514万 
 ┃  ┃  主な勝鞍 ディキシーS モンマスS
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 37s産 アルトナイル(牝馬) 28戦9勝[9-1-5-13] 1億3521万
 ┃     主な勝鞍 デュークオブCS 阪急杯
 ┃
 ┣━ 27s産 キーポンペスカ 31戦10勝[10-6-3-12] 3億6870万
 ┃  ┃  主な勝鞍 ホイットニー招待H ハリウッドGCH SフォスターH
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 36s産 ドリフトフラワー 33戦6勝[6-5-3-19] 1億7735万 重賞 1勝 ※乗馬
 ┃
 ┣━ 27s産 ドッサリチロル(牝馬) 17戦6勝[6-3-2-6] 1億1685万
 ┃  ┃  主な勝鞍 CCAオークス ドワイヤーS
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 40s産 ドッサリワルツ 26戦5勝 [5-4-2-15] 1億0575万 ※現役45s5月時点
 ┃
 ┣━ 28s産 ウニウニゴードン(牝馬) 27戦4勝[4-2-6-15] 7885万
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 41s産 ウニウニサーストン(牝馬) 21戦5勝[5-2-4-10] 8978万
 ┃       ※父カボグループホラー
 ┃
 ┣━ 29s産 ゲレゲレイザー 69戦20勝[20-11-10-28] 8億5820万 
 ┃  ┃  主な勝鞍 JBCクラシック パシフィックCS サンタアニタH (他G1 2勝)
 ┃  ┃
 ┃  ┣━ ラブジュース(牝馬) 14戦7勝[7-3-0-4] 2億6375万
 ┃  ┃  主な勝鞍 桜花賞 阪神JF ラスヴァージネスS ※現役45s5月時点
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ イモビート 7戦4勝[4-0-1-2] 9870万
 ┃     主な勝鞍 ウッドメモリアルS アルバスタキヤ ※現役45s5月時点
 ┃
 ┣━ 29s産 ヤミチャン(牝馬) 22戦5勝[5-6-3-8] 1億5777万
 ┃  ┃  主な勝鞍 マーチS
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 38s産 デビルークオーガ 23戦5勝[5-1-6-11] 1億4585万
 ┃
 ┣━ 29s産 ビアンカノリボン(牝馬) 16戦5勝[5-4-2-5] 1億0563万 
 ┃  ┃  主な勝鞍 ヴァントー賞 愛1000ギニーTS
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 35s産 バイキルト 8戦2勝[2-2-1-3] 3735万  北海道2歳優駿 3着
 ┃       ※父メイショウサムソン
 ┃
 ┣━ 29s産 アンフイゼントラル(牝馬) 23戦5勝[5-2-5-11] 8245万
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 41s産 アンフイアイビー 12戦4勝[4-2-2-4] 6785万
 ┃
 ┣━ 30s産 フウノイチリュウ(牝馬) 22戦4勝[4-2-2-14] 7837万 重賞 1勝 ※乗馬
 ┃
 ┣━ 31s産 ダテノオンセンラン 33戦8勝[8-4-5-16] 2億7390万
 ┃  ┃  主な勝鞍 目黒記念
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 主な活躍馬なし
 ┃
 ┣━ 31s産 スペーシアバラード 13戦4勝[4-3-1-5] 2億0665万
 ┃  ┃  主な勝鞍 京都新聞杯
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 38s産 ジェラルドスルー(牝馬) 18戦4勝[4-3-1-10] 3833万
 ┃
 ┣━ 32s産 パパスノツルギ 94戦19勝[19-14-11-50] 5億8425万 
 ┃  ┃  主な勝鞍 ファイアーブレイクS
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 42s種牡馬デビュー
 ┃
 ┣━ 33s産 スマートソング 41戦15勝[15-9-4-13] 4億6985万 
 ┃  ┃  主な勝鞍 毎日王冠 マクトゥームCR2 東京新聞杯
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 40s産 シュラライサン 28戦4勝[4-4-3-17] 7188万  ※現役45s5月時点
 ┃
 ┣━ 34s産 イテツクハドウ 105戦34勝[34-15-11-45] 16億8075万 
 ┃  ┃  主な勝鞍 加国際S JBCクラシック 東京大賞典 (他G1 2勝)
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 45s種牡馬デビュー
 ┃
 ┣━ 34s産 イチチャンポーラ(牝馬) 39戦16勝[16-6-5-12] 6億7920万
 ┃  ┃  主な勝鞍 BCレディーズC ホイットニー招待H パーソナルエンスンH
 ┃  ┃      (他G1 1勝)
 ┃  ┗━ 主な活躍馬なし
 ┃
 ┣━ 34s産 ピュアラブ(牝馬) 27戦10勝[10-5-4-8] 2億4310万
 ┃  ┃  主な勝鞍 エンプレス杯 クイーン賞 名古屋大賞典
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 主な活躍馬なし
 ┃
 ┣━ 34s産 アラシノヨル(牝馬) 7戦1勝[1-0-1-5] 1025万 
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 38s産 グランナイツ 66戦13勝[13-14-9-30] 7億3385万  ※父グランデラ
 ┃        主な勝鞍 ドバイGシャヒーン JBCスプリント 日本テレビ盃
 ┃            (他 重賞 1勝)
 ┃
 ┣━ 35s産 パークセイバー 33戦8勝[8-3-3-19] 2億2715万
 ┃
 ┣━ 36s産 アルトディスクシン(牝馬) 14戦5勝[5-1-0-8] 8480万
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 主な活躍馬なし
 ┃
 ┣━ 37s産 ホワイトポジション(牝馬) 37戦13勝[13-7-8-9] 4億5630万
 ┃  ┃  主な勝鞍 バレリーナS オグデンフィップスH カーターH (他G1 1勝)
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 主な活躍馬なし
 ┃
 ┣━ 39s産 プニプニパワフル 24戦8勝[8-2-3-11] 2億2040万
 ┃  ┃  主な勝鞍 メトロポリタンH カーターH ガルフストリームPH (他重賞 1勝)
 ┃  ┃
 ┃  ┗━ 45s種牡馬デビュー
 ┃
 ┗━ 40s産以降 条件馬多数

※背景色つきは自己所有した馬です。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。