FC2ブログ

同じ馬鹿ならやらないか

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[父系図]パーソロン系

2013.06.18 (Tue)
[親]トウルビヨン 1928年 
 ┃
 ┃[トウルビヨン直系
 ┃
[×]ジェベル 1937年 
 ┃
[×]マイバブー 1945年 
 ┃
[×]マイリージャン 1953年 
 ┃
[日]パーソロン1960年(~87年末) 
 ┃ 
 ┣[×]メジロアサマ 1966年
 ┃ ┃
 ┃ ┗[日]メジロティターン 1978年(~94年末) 
 ┃   ┃
 ┃   ┗[日]メジロマックイーン 1987年(94~06年末) 
 ┃     ┃
 ┃     ┣[日]エイダイクイン 1995年 
 ┃     ┃
 ┃     ┣[日]タイムフェアレディ 1998年 
 ┃     ┃
 ┃     ┣[日]ヤマニンメルベイユ 2002年 
 ┃     ┃
 ┃     ┣[日]ホクトスルタン 2004年(予後不良) 
 ┃     ┃
 ┃     ┗[日]ディアジーナ 2006年 
 ┃
 ┣[日]イーストサイド 1969年 
 ┃
 ┣[日]タケフブキ 1969年 
 ┃
 ┣[日]ドウカンミキ 1969年 
 ┃
 ┣[日]ハーパーソロン 1969年 
 ┃
 ┣[日]パーソフジ 1969年 
 ┃
 ┣[日]スイートチェリー 1970年 
 ┃
 ┣[日]ナスノチグサ 1970年 
 ┃
 ┣[日]パーソロック 1970年 
 ┃
 ┣[×]カーネルシンボリ 1971年 
 ┃ ┃
 ┃ ┗[日]スイートアミアン 1980年 
 ┃
 ┣[日]スカッシュソロン 1973年 
 ┃
 ┣[日]スイートローラン 1974年 
 ┃
 ┣[日]サクラショウリ 1975年(~92年末) 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[日]サクラスターオー 1984年(予後不良) 
 ┃ ┃
 ┃ ┗[日]サムソンビッグ 1991年(乗馬) 
 ┃
 ┣[日]ロイヤルカントリー 1975年 
 ┃
 ┣[日]スイートエプソム 1976年 
 ┃
 ┣[日]ベストブラッド 1977年(~92年末) 
 ┃ ┃
 ┃ ┗[日]ホワイトアロー 1987年(乗馬) 
 ┃
 ┣[日]エチュード 1977年 
 ┃
 ┣[日]ユウライコー 1977年 
 ┃
 ┣[日]サンエイソロン 1978年(SP種牡馬) 
 ┃
 ┣[日]サクラシンボリ 1979年(乗馬) 
 ┃
 ┣[日]シンボリヨーク 1979年(乗馬) 
 ┃
 ┣[日]スイートカーソン 1979年 
 ┃
 ┣[日]ファイブソロン 1979年 
 ┃
 ┣[日]ウインザーノット 1980年(87~96年末) 
 ┃ ┃
 ┃ ┗[日]エンゲルリーゼン 1990年 
 ┃
 ┣[日]サクラガイセン 1980年(乗馬) 
 ┃
 ┣[日]サクラハツユキ 1980年 
 ┃
 ┣[日]スイートベルン 1980年 
 ┃
 ┣[日]メジロハイネ 1980年 
 ┃
 ┣[日]シンボリルドルフ 1981年(87~96年末) 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[日]トウカイテイオー 1988年(94~11年末) 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]トウカイポイント 1996年(セン馬) 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]タイキポーラ 1996年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]ストロングブラッド 1999年(乗馬) 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]ヤマニンシュクル 2001年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┣[日]デライトポイント 2003年 
 ┃ ┃ ┃
 ┃ ┃ ┗[日]サードステージ 2011年(固定血統SH) 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[日]アイルトンシンボリ 1989年(乗馬) 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[日]キョウワホウセキ 1989年 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[日]ミスタールドルフ 1990年(97~17年末) 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[日]オースミシャイン 1990年 
 ┃ ┃
 ┃ ┣[日]ハローメルヘン 1993年 
 ┃ ┃
 ┃ ┗[日]ツルマルツヨシ 1995年(セン馬) 
 ┃
 ┣[日]ダイアナソロン 1981年 
 ┃
 ┣[日]サクラサニーオー 1982年(乗馬) 
 ┃
 ┣[日]サザンフィーバー 1982年(予後不良) 
 ┃
 ┣[日]モンテジャパン 1982年(乗馬) 
 ┃
 ┣[日]アサクサスケール 1982年 
 ┃
 ┣[日]スイートミネルバ 1982年 
 ┃
 ┣[日]レイホーソロン 1983年 
 ┃
 ┣[日]マティリアル 1984年(予後不良) 
 ┃
 ┗[日]キリパワー 1985年(乗馬) 


史実産駒がいない種牡馬は成績次第で乗馬になります。 
(逆を言えば、史実産駒がいる場合は介入しないかぎり確実に種牡馬入りします。)
誕生年後の()内は、2013Verでの繁殖期間(現役引退の翌年から)の目安です。

[×]は派生を分かりやすくするために記載しています。
外国馬の日本名は、基本的にはウイポ内での読み方が基準です。

金→親系統 銀→子系統 銅→主要種牡馬 桃→牝馬産駒

記載ミスや、記載漏れなどございましたら、
お手数ですがコメントなどでご報告いただけると助かります。

2013/7/03 更新
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。