同じ馬鹿ならやらないか

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービーゲート11~15s(ディープ鯖)

2013.09.19 (Thu)
mixiでの提供がはじまったと思ったら、鯖が二つも増えていたw
これで人が増えればいいんですが、ただ分散させてるだけにしか思えないという。

で、サーバー名についてなんですが、
ディープインパクト、テイエムオペラオー、エルコンドルパサー、タイキシャトル

と来れば、次はナリタブライアン、トウカイテイオー辺りになるのかな?
(さらなる新サーバー以前にサービス終了するかもしれないのは禁句!w)

現状では、偶数時更新と奇数時更新の二通りしかないわけですが、

朝型(8.10.12.14.16.18.22.02) 8~18時まで2時間更新、残り4時間更新
夜型(7.11.15.17.19.21.23.01) 7~15時まで4時間更新、残り2時間更新

みたいな感じの更新体系の鯖があったら便利だと思うんですよね。
1日8週進行(年に2,3回はレース更新がとまると考えてw)で、ちょうど1週間で約1年。
これだと、種付け期間が丸1日とれることになるので助かる人も多いのでは。

廃ニート待望の1時間鯖なんてのはレース更新処理的に不可能っぽいですねw

しかしですね、これ以上に鯖を増やすことよりも、
現状の鯖の活性化につながる対策をとっていただきたいというのが本音です。
ディープ鯖とか、新規参入が不可能な状態で過疎ってきたらどうするんでしょうか。

そんなことより、やっとこさプレイs記の更新ができましたw
待ってた人はいないとは思いますが、興味ございましたらご覧ください!


11sの主な競走成績

日付レース名競走馬名着順
3月1週G2ザビールマイルワンダーブライト2着
5月1週G3ミュゲ賞ワンダーブライト3着
8月1週OP2歳オープンエクストリーム1着
8月3週OP3歳上オープンワンダーブライト1着
8月4週OP2歳オープンエクストリーム1着
9月1週OP2歳オープンスペクタキュラー1着
9月2週OP2歳オープンエクストリーム1着
9月3週G3京成杯AHワンダーブライト2着
10月2週G2毎日王冠ワンダーブライト3着
11月1週G3北海道2歳優駿エクストリーム1着
11月4週G2兵庫ジュニアGPエクストリーム1着
12月3週G1全日本2歳優駿エクストリーム1着

11sの主役はロマン配合の結晶エクストリームでした。

父は、福島記念勝ちのスパルタンエックス
母は、重賞で好走するも勝ちきれなかったサウンドホライズン

共に3sの自家生産馬同士という同期カップリングだったのです。
しかし、秘書のコメントは辛らつなもので「活躍できそう」すら言ってくれませんw

そんなわけで、特に期待をするわけでもなく産まれてきました。

成長タイプはなんとも言えませんね
このコメントがなければ、試しに所有してみようとは思わなかったことでしょう。
1歳9月の段階で、期待値が★5になり、それなりに期待感が湧くことに。

6月2週の新馬戦(ダ)を勝ちあがると、根性のステータスが8000台と判明!
これはもしや、相当な逸材なのか?と手のひら返しw

そう思い、適正外ではあるけどもデビュー直後の海外遠征(芝)2連発

レイルウェイS 18頭中18着
英ジュライS 9頭中9着


はい芝ムリーwww

その後は素直にダート路線を歩ませると、あれよあれよと気づいたらG1馬にw
北海道2歳優駿兵庫ジュニアGPともに大差勝ち、全日本2歳優駿は7馬身差勝ち

この活躍が評価されて最優秀2歳ダート馬の栄冠に輝く。
父スパルタンエックス地方2歳リーティングサイアーというオマケ付き。

2歳末でSP7562と判明、思ったよりも低い・・・。


12sの主な競走成績

日付レース名競走馬名着順
3月1週OP3歳オープンスペクタキュラー1着
3月5週OP3歳オープンサマーホリデイ1着
4月1週G1サンタアニアダービーエクストリーム4着
4月1週OPマーガレットSスペクタキュラー1着
6月2週G1ベルモントSエクストリーム4着
6月5週OPパラダイスSスペクタキュラー1着
7月2週OP3歳上オープンスペクタキュラー1着
8月3週G3関屋記念スペクタキュラー1着
8月4週OP3歳上オープンエクストリーム1着
9月1週G3キーンランドCスペクタキュラー2着
9月3週G2セントウルSスペクタキュラー2着
9月3週G3京成杯AHサマーホリデイ1着
10月1週G1アベイドロンシャン賞スペクタキュラー1着
10月3週OP2歳オープンアマノムラクモ1着
11月3週G2香港JCスプリントスペクタキュラー2着
11月3週OP3歳上オープンサマーホリデイ1着
12月2週G1香港スプリントスペクタキュラー1着
12月2週OP2歳オープンアマノムラクモ1着
12月3週G1全日本2歳優駿アマノムラクモ2着

【悲報】エクストリーム SP7867/7867

SPがぐんぐん成長してきてるであろう3歳勢の前では脇役にすらなりえませんw

入れ替わるかのように表舞台へ立ったのは同期のスペクタキュラーでした。
スプリントG1を2勝したもんで、最優秀短距離馬を期待するも受賞はならず。
それでも、成長型が持続ですので来s以降により一層の活躍が期待できそうです。

今s、もう1頭スポットを浴びたのが白毛のアマノムラクモです。
その毛色もさることながら、生誕時点で期待値★2という逸材っぷり。

しかしながら、デビュー前に仕上がりすぎてしまい本番時点での調子は7割w
お詫びでもらったCPを全部つかいきってのダッシュ鉄を履かせ、いざ出走へ。

そのかいがあったのか2着に2.8秒差もつける大差勝ち!
本調子ならどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうかとワクワクであるw

さて、調子は下がる一方、ここで放牧へだすのが定石なわけですが、
貧乏性なもので疲労度がたまってない状態で放牧に出すのが損におもえるのですw

出さないと決めた結果、こんな感じのローテになってしまいましたw

アマノムラクモ、2歳ダート王者への道 

なんとかギリギリで全日本2歳優駿にすべりこみで出走できることに。
しかし、連闘が響いたのか9馬身差をつけられての2着でした。
調子が落ち始めたら、疲労度がなくても放牧に出したほうが良さげですね。

そんなこんなでやっとたどり着いた調子100%だったのですが、
3歳ダート路線へ向けての疲労回復のために今更の放牧へ出すことに。

ガンガン下がりゆく調子を見ながら、やってしまったなと後悔したのは言うまでもない。

この時点では完璧に理解していなかった仕様なんですが、
調子が下り坂になる前に放牧へ出すと、その下落っぷりが半端ないんですよねw

白がいれば黒がいるということで、
クローン疑惑がかかっていた黒鹿毛のヤクモヒュドラにも注目してみましょう。

白クモと同じようにデビュー前に仕上げすぎて、調子は下り坂
6月2週の新馬戦(ダ)は2.8秒差をつける大差と、どこまで似れば済むんだというw

こちらも無放牧ローテを貫いたわけですが、1勝下を勝ちあがれず終わりました。
普通蹄鉄とダッシュ鉄の違いか、課金の力を少しだけ実感したシーズンでしたね。

(・・・売却してからの買戻しで調子を7割から上昇にリセットすればよかった)

専属調教師が、最優秀調教師最高勝率を受賞というサプライズで今sが終わりましたw


13sの主な競走成績

日付レース名競走馬名着順
2月3週G1ブラックライトニングSスペクタキュラー4着
2月3週G2アルファヒデFサマーホリデイ3着
3月1週G3トムフールHアマノムラクモ1着
3月2週OP3歳オープンヤクモヒュドラ1着
3月5週G1高松宮記念スペクタキュラー2着
4月1週G1サンタアニアダービーアマノムラクモ1着
4月1週OP伏竜Sヤクモヒュドラ1着
4月4週G1チャンピオンズMスペクタキュラー2着
4月4週G2サンダウンマイルサマーホリデイ3着
5月1週G1ケンタッキーダービーアマノムラクモ1着
5月3週G1プリークネスSアマノムラクモ1着
5月3週G1クリスフライヤー国際スペクタキュラー4着
6月2週G1ベルモントSアマノムラクモ1着
6月2週G1安田記念スペクタキュラー4着
6月2週OP3歳上オープンヤクモヒュドラ1着
6月3週G1クイーンアンSサマーホリデイ1着
6月4週G3ユニコーンSヤクモヒュドラ1着
7月2週G1Jダートダービーヤクモヒュドラ2着
8月1週G1サセックスSスペクタキュラー2着
8月2週G3レパードSヤクモヒュドラ3着
8月3週G1ジャックルマロワ賞スペクタキュラー2着
8月4週G1トラヴァーズSアマノムラクモ1着
9月1週G1フォアゴーSアマノムラクモ2着
9月2週G1ムーランドロンシャンスペクタキュラー1着
9月5週G1ジョッキークラブGCアマノムラクモ3着
10月1週G1SAスプリントSヤクモヒュドラ1着
11月1週G1BCダートマイルヤクモヒュドラ3着
11月4週G1クラークHヤクモヒュドラ2着
11月4週OP3歳上オープンアマノムラクモ1着
12月5週G2阪神Cスペクタキュラー3着

さて、色んな後悔を背負いながらも新しいシーズンはやってくる。
やってしまったなと思えるのならば、次にその過ちを繰り返さなければいいのです!

そう切り替えができたのも全てはアマノムラクモの重賞勝ちからでしょうかw
国内参戦組がいなさそうなトムフールHに狙いを定め、結果はクビ差の勝利という。

この紙一重の結果が、この馬の今後を決めたといっても過言ではありません。
まさかここから破竹のG1、5連勝で米三冠達成という偉業を成し遂げるとは・・・。

しかしその後は精彩を欠き、全盛期の輝きを取り戻すことはなかったのである。

その一方で、ヤクモヒュドラはダート王者へ挑戦しようとしていたのでした。
ユニコーンSを強い勝ち方で決めて、Jダートダービーへと駒をすすめたのですが、
ここで立ちふさがったのが、またしても白毛というのだから因縁深いものを感じます。
(アマノムラクモと、タムラショウネンの夢の白毛馬対決は実現ならず)

一流所とは勝負にならないなと悟った結果、米ダートG1を空き巣りましたw
その勢いのままBCダートマイルに挑むも、さすがに勝てはしないものの3着と健闘。

今s4頭のG1馬が誕生し、所有5頭ともにG1勝利達成という当たり年。

アマノムラクモは、年度代表馬最優秀3歳牡馬最優秀3歳ダート馬のトリプル受賞。
更に優秀馬主(ユーザー3位)と優秀生産者(ユーザー1位)でレアチケ、経験値がっぽがっぽw


14sの主な競走成績

日付レース名競走馬名着順
1月2週G3マクトゥームCR1アマノムラクモ2着
1月2週OPニューイヤーSスペクタキュラー1着
1月4週OP4歳上オープンスペクタキュラー1着
2月1週G1川崎記念アマノムラクモ4着
2月4週OP4歳上オープンヤクモヒュドラ1着
3月2週OP4歳上オープンヤクモヒュドラ1着
3月4週OP4歳上オープンヤクモヒュドラ1着
3月5週G1高松宮記念スペクタキュラー1着
4月4週G1チャンピオンズMスペクタキュラー1着
5月3週G1クリスフライヤー国際スペクタキュラー1着
5月3週OP4歳上オープンアマノムラクモ1着
6月1週OP4歳上オープンアマノムラクモ1着
6月2週G1安田記念スペクタキュラー1着
7月4週G2サマーマイルSスペクタキュラー1着
8月3週G1ジャックルマロワ賞スペクタキュラー4着
9月2週G1ムーランドロンシャンスペクタキュラー1着
10月1週G1スプリンターズSスペクタキュラー4着
11月3週G2香港JCマイルスペクタキュラー1着
12月2週G1香港マイルスペクタキュラー1着
12月5週G2阪神Cスペクタキュラー2着

他の馬が衰えていく一方、ただ1頭スペクタキュラーだけは全盛期へ。
「成長のピークは過ぎました」というコメントをなぎ払うかのような躍動を見せてくれました。

勝ち癖というか、表パラは同じでも勝てる時期と勝てない時期が存在しますよね。
その勝てる時期だったのでしょうか、この年だけでG1を6勝もしちゃいました。

前s大活躍だった白クモさんは、今sは無印OPを勝つのがやっとでした。
ダッシュ鉄をはいていたお陰でSPの衰え自体は4歳夏前ぐらいまでもったんですけどね。
New種牡馬がリストインしないバグ?のため現役続行させてみたら、この年で修正されるとかw

米三冠とった直後あたりは、来sのドバイWCで勇退やなとか思っていたのにね。

スペクタキュラーの前述の活躍で、最優秀短距離馬最優秀4歳以上牡馬
優秀馬主(ユーザー4位)、優秀生産者(2s連続となるユーザー1位)を獲得できました!

最優秀馬主(ユーザー1位)をとることを当面の目標としていきたいと思います。

ちなみにクローン疑惑がかかっていた2頭ですが、能力はほぼ完全に一致でした。
繁殖能力も、因子なし、安定Eと、ここまでかぶるとガッカリ度が半端ないですw


15sの主な競走成績

日付レース名競走馬名着順
5月4週OP3歳オープンサンヘリオス1着
7月3週OP3歳上オープンサンヘリオス1着
9月3週OP3歳上オープンサンヘリオス1着
9月4週OP3歳上オープンサンヘリオス1着
10月4週OP3歳上オープンサンヘリオス1着
11月2週OP3歳上オープンサンヘリオス1着

5歳末時点でも衰えることがないスペクタキュラー、はたしてどこまでいけるのか!?
しかし、調子100%状態で放牧にだしたら緊張の糸がきれたかのように衰える衰えるw
調子のあがりきらない段階で無印OPを2戦だしてみるも惨敗でしたので引退です。

今sは普通型の期待値★5の3歳馬がOPを無双した程度でした。
その馬も、SPが9000手前でカンストしてしまう子だったので年末にCOM売却しました。
その他の馬もこれといったのがいなかったため、来sに向けて一掃しちゃいました。

完全に世代交代を失敗www

でもしかし、16sデビュー組は期待が持てる馬ばかりなのでワクワクしてます。
入厩5頭ともに父キッズピオニエ、うち3頭はクローン疑惑がかかっておりますw

早熟 早熟24 普通34 普通44 晩成55という構成
さすがに、このうちの1頭ぐらいはG1馬になってくれることでしょう。

問題なのは、17sデビュー組の枠が空いてなさそうということなんですよね。
課金して専用馬房に入れるにしても、残念なことに全頭ともに牡馬なのです。

16s末での取捨選択が超シビアにならざるを得ないので辛いお。

さて今回はここまでで、次回は16~20s辺りを予定しています。
最優秀馬主にはなれるのか?キッズピオニエ5兄弟は活躍できたのか?

はたして本当に更新されるのか!?

ご期待せずお待ちくださいw

スポンサーサイト

コメント

No title
俺はサーバー増設されていく様を見て「このゲームそんなに人いんの?」と、まず思ってしまいましたw
こちらはちょこちょこナチシアーノルド産駒で重賞級の早熟馬が出るので、それでGⅠを狙う超まったりプレーです。
新種牡馬バグがなくなって今年の1歳から世代あたり10頭以上いるので、なんとかリーディング100位以内にねじこむのを目指して頑張っていこうと思っています。
Re: No title
ディープ鯖だと、今s出走済み垢(すでに放置のも含む)が1260人ぐらいですね。
それよりも、完全に放置されてる垢が2250人ぐらい残っているのが問題w
ここを一掃して、ディープ鯖に空きをつくって新規参入を促してほしいところ。

ナチシアーノルドは遺伝力が高そうで良さげな種牡馬ですね。
所有なされているスノーグラウンドの15が2歳戦で活躍しそうで羨ましいかぎり。
ドウデボーテス亡き後は種牡馬人気が高騰しそうな予感がしますw

そういやビアンコちゃんはラストレースを勝利で飾って繁殖入りしたんですね。
最後まで出遅れっぷりを発揮していたみたいで愛くるしいwww

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。